ランドセル「ここが失敗」先輩ユーザーに後悔ポイントを調査!

購入直後のランドセルは、きれいでしっかりしていますが、使っていくうちに思わぬトラブルや困りごとが起こることも……。小学生のお子さんをもつ先輩ママ・パパに、使用後に後悔したこと、不具合を感じている点など、ちょっと困った“ランドセルあるある”を聞きました!ランドセル選びの参考にしてくださいね。

悩む女性

1. 最新アンケート結果:1年間使って分かったランドセルの不満や後悔

現在ランドセルを検討中の皆さん(2022年ご入学者)のランドセル選びに役立つ声を集めるため、2022年モデルに近い機能のランドセル(2020年ご入学モデル)を1年間使用した「2021年度小学2年生」のお子さんを持つ方にアンケートを実施。最新のアンケート結果がこちらです!

Q1.ランドセルに不満はありますか?

「不満がない」と回答した方が51%という結果に!まだ1年間しか使っていないとはいえ、半数以上の方が何の問題も感じていないという結果になりました。
どのメーカーもユーザーの声に耳を傾けて改善を続けており、ランドセルの背負い心地や機能性は年々グレードアップしています。 最近のランドセルの満足度はかなり高いといえそうです。

Q2. 不満なところ・後悔しているところはどこですか?

Q1で「ランドセルに不満がある」と答えた方に不満な点・後悔している点を聞いたところ、1位は「重さ」、2位は「価格」、3位は「サイズ」という結果になりました。

では続いて、具体的なユーザーの声を例に、どのようなポイントが不満や後悔につながりやすいか確認していきましょう(以下の口コミは2020年調査・学年は2020年当時)。

2.ランドセルの「重さ」で失敗

ランドセルが引き起こす腰痛

ランドセルの不満1位は「重さ」でした。
ランドセル選びの時にはあまり感じなかった(むしろ軽いと思ったくらいの)ランドセル。ところが実際に通学が始まると「重いよ~」と言い出す子どもたち…。
これは選ぶ際に空っぽのランドセルを背負っていることが原因のひとつ。空のランドセルは平均1~1.5㎏ですが、教科書などが入ると4~6㎏にもなるのです。 実際にどのような声があるか見てみましょう。

天然皮革が重くて後悔!

池田屋 牛革の口コミ

ぴのこ(女の子・2年生)
ぴのこ(女の子・2年生)
傷が目立たなく、高級感もあると思い、牛革にしましたが、他のママさんが娘のランドセルを持った時『重いね』と呟いていました。少し、重いのかな、と思います。

◆池田屋の口コミをもっと見る>>

土屋鞄 コードバンの口コミ

みぃこ(男の子・2年生)
みぃこ(男の子・2年生)
コードバンにしたので、やはり重いです。教科書を入れると想像以上に重くなりました。大人の女性が片手で持つだけで腕に痕がつき痛くなります。

◆土屋鞄の口コミをもっと見る>>

牛革やコードバンのような天然皮革は、人工皮革(クラリーノ・コードレなど)に比べると重くなります。メーカーによっては適材適所に人工皮革を使用し、少しでも軽くなるように工夫していますよ。わずかな重さの違いにこだわるより、体にフィットしているほうが重要です。
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

学校が遠いのにランドセルが重くて失敗

土屋鞄 牛革ベーシックカラーの口コミ

PIT(男の子・2年生)
PIT(男の子・2年生)
クラリーノなどの素材のランドセルと比べますと重く感じるようです。登下校の距離が長い方なので本人は一年生の時は結構辛かったようです。
最近は腰痛を訴えるお子さまもいるそうです。通学距離が長い方や通学路に坂道が多い方は、重さを感じにくいランドセル選びを心掛けるとよいでしょう。
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

「重さ」で失敗しないためのポイント

ランドセルを試着する女の子

ショールーム等でランドセルを試着するときは、荷物を入れて実際の重さを体感してみましょう。肩や腰にどのような負荷がかかるかがよくわかるはずです。 メーカーによっては教科書やおもりを準備してくれているところもありますよ。

ランドセルの重量は、コードバン>牛革>人工皮革の順に重くなります。 軽さを重視したい方は素材にも注目です。
気を付けたいのは、軽ければ軽いほどいいわけではない、ということ。理想は、体全体で重さを受け止められるランドセル。お子さまの体にフィットしているかどうかが重要だと覚えておいてくださいね。

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

わずかな重さの違いなら体にフィットしているほうが軽く感じます。試着して確認を!
いくら軽いランドセルでも体にフィットしていなければ、肩などの1点に負荷がかかって痛むこともあるので注意です!

10年前に比べて教科書のページ数が約3割ほど増えていることもあり、子どもたちの荷物の重さが問題視されています。文科省が「置き勉(学校に教科書を置いておくこと)」を認める通知を出したこともあり、今後は重さに関する悩みは減っていくかもしれませんね。

3.ランドセルの「価格」に後悔

価格の高さに慌てる女性

第2位はランドセルの「価格」に不満…という声。
近年、ランドセルの価格は上昇傾向にあり、約20年前と比べるとなんと2倍近くにもなっています。6年間使うものとはいえ、あまりに高額すぎるのでは?と疑問を持つ方もあるようです。

価格が高くて残念!

土屋鞄  牛革プレミアムカラー・水色の口コミ

ぽんちむママ(女の子・1年生)
ぽんちむママ(女の子・1年生)
祖父母にプレゼントしてもらったのですが、やはり値段が高いので、自分達で買うならもう少し安いものにしていたと思います。

◆土屋鞄の口コミをもっと見る>>

セイバン クラリーノ・パープルの口コミ

kadawa(女の子・1年生)
kadawa(女の子・1年生)
6年間使用できると考えれば安いのだとは思うが、自腹での購入となれば値段が高いと思う。

◆セイバンの口コミをもっと見る>>

価格は素材によるところが大きく、コードバン>牛革>人工皮革の順に高いのが一般的です。
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

「価格」で失敗しないためのポイント

OKサインを出す親とランドセル姿の子

天然皮革を使用していれば高く、人工皮革なら安い傾向にあるランドセル。
とはいえ人工皮革でも6~7万円台と高額なモデルも多くあり、「高そうだから天然皮革は諦めたのに、購入した人工皮革モデルは天然皮革モデルより高かった」などというケースも。
同素材で似たような機能・デザインのランドセルでも、メーカーによってはっきり価格差が出ることもあるので、ひとつのメーカー内で検討するのではなく他社とも比較してみると、価格で後悔することは少なくなるでしょう。

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

牛革モデルがお値打ちな萬勇鞄、人工皮革モデルにおトク感のある池田屋など、各メーカーの価格には傾向がありますよ!

▼お値打ちなランドセルは?▼

4.ランドセルの「サイズ」で失敗!

荷物が入らない

サイズに後悔しているという声も多数。年々大型化する教材は、想定以上の荷物になるようです。
現在はほとんどのメーカーで「A4フラットファイル対応」が標準となっていますが、まだ未対応のメーカーがあった世代の方からはとくに「あと少し大きければ…」と後悔する声が多く聞かれます。

もっといっぱい入れたい!収納力に対する後悔

土屋鞄 牛革ベーシックカラーの口コミ

東雲しのぐ(男の子・2年生)
東雲しのぐ(男の子・2年生)
ファイルや教材が大きいため、入らない場合は別途鞄を使わなければいけない。まだ2教科しか入れていないのに既にパンパンなので、教科が増えて対応できるかやや不安。

◆土屋鞄の口コミをもっと見る>>

ほぼ全てのメーカーがA4フラットファイル対応になり、容量はアップ中です。でも「A4フラットファイルが荷物スペースのどの部分に入るのか」には要注意!中央部分でしか入らない場合、他の荷物を収納しにくいことも。
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

かぶせの長さが想定外だった!と不満

ランドセルカバー選びについての不満も。メーカーによってかぶせ(フラップ)の長さや幅が異なるため「せっかく買ったランドセルカバーがつけられなかった…」と後悔するケースもあるようです。

セイバン 天使のはねの口コミ

まろりん(女の子・4年生)
まろりん(女の子・4年生)
他のメーカーよりも少し大きい。カバーの対応サイズをしっかり確認しないと、長さが合わない。 特にキャラクターがついたカバーは長さが短い物が多く、子供が気に入ったカバーが装着できない。

◆セイバンの口コミをもっと見る>>

「入学前にカバーを用意したいけれど、受注生産だから到着まで時間がかかる…」という方は、購入店舗で事前にサイズを聞いておくのがおすすめですよ!
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

「サイズ」で失敗しないためのチェックポイント

最近は教科書やノートがA4化し、資料集なども充実してきているため、ランドセルの容量は大きめがよいという意見が多いですね。学年が上がるにつれ教科書など持ち物は増えていくので、1年生の持ち物を基準に考えないようにしましょう。

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

持ち物の量は高学年になるほど増加。地域によって異なることもあるので、近隣に住む先輩ママ・パパに確認しておくと安心です!

大マチ部分は12㎝程度あれば安心です。モギカバンやには13㎝と大容量のモデルもありますよ。
ただし大きすぎるランドセルは荷物を詰め込むとバランスを崩しやすくなるため、おもりになるものを入れて試着しておくと安心です。

「どのメーカーが収納力あり?サイズで比較」の記事はこちら▼

5.ランドセルの「機能」で失敗

自動ロック

ランドセルの悩みごと第4位は「機能」でした。「ロックが閉めにくい」「フックの数が足りない」など、 使ってみないと分からないことも多いポイントです。

自動ロックのほうが良かったかも?と後悔

中村鞄 クラリーノの口コミ

あんこ(女の子・1年生)
あんこ(女の子・1年生)
娘は、指で押すとカチッとしまる自動ロックが良かったなと言っていました。
自動ロックは子どもにとって魅力的な機能。ついていない子からすると、とてもうらやましいようです。壊れるのでは?と心配する声もありますが、そう簡単に壊れることはなく、壊れたとしても6年間保証の修理対象であるケースがほとんどですよ。
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

▼自動ロックを採用しているメーカーは?▼

フックの数が足りない!と不満

萬勇鞄 牛革の口コミ

ふみ(女の子・6年生)
ふみ(女の子・6年生)
荷物掛けが一個しかないので両サイドにあると便利だったかなぁと思いました。

◆萬勇鞄の口コミをもっと見る>>

ぶら下げた荷物による巻き込まれ事故を防ぐため、片側にしか付けていないメーカーも。防犯ブザーや家の鍵はどこにつける?ランドセルに入らない荷物はどうする?など、使い方をイメージして必要な機能を割り出しましょう。
ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

▼サイドのナスカンを比較▼

▼肩ベルトのDカンを比較▼

「機能」に関するその他の悩みごと

池田屋の時間割ポケット
かぶせ裏のポケットがない池田屋には別売りの時間割ポケット

機能に関しては、上記以外にも「ポケットが開け閉めしにくい」「時間割ポケットが欲しかった」なども。
前ポケットには、両開きのコの字型ファスナー、片開きのL字型ファスナー、上部だけが開くフラットタイプなどがあり、ファスナーの開け閉めのしやすさや出し入れのしやすさが異なります。頻繁に出し入れする方やたっぷり収納したい方は、コの字ファスナーでマチのある前ポケットを選ぶと間違いないでしょう。
かぶせ裏の時間割ポケットについては不要という意見も多く、池田屋のように設けていないメーカーもあります。必要かどうか吟味して選ぶと良さそうですね!

「機能」で失敗しないためのチェックポイント

「機能」で後悔しないために、まずはお子さまの希望をヒアリングしておきましょう。
「カチッとかっこいい自動ロックがいい」「ぴかっと光るランドセルが欲しい」など、子どもならではの視点で譲れないポイントがあるかもしれません。

また、あらかじめ持ち物を割り出し、使い方を考えておくことも大切です。
「ランドセルに入らない荷物はどうする?」など、具体的なイメージがあれば、必要な機能がおのずと見えてくるはずですよ。

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

学童保育などで帰宅が遅くなるお子さまの場合は、防犯ブザーや家の鍵をどう持たせるかも検討しておきましょう!

6.ランドセルの「ダメージ」で失敗

ランドセルのダメ―ジが気になるという声も。「大マチがつぶれてペタンとなってしまった」「パステルカラーにしたら汚れが目立つ」どの声がありました。 よくある意見はこちら。

先輩ママ
先輩ママ
買った時はすごくきれいだったのに、2,3年でぺたんとなってしまった…
パステルカラーは汚れやすいって後悔している意見もあるよ
パパ
パパ
ママ
ママ
カバーをしておけば良かった…ってよく聞くわ。うちは低学年のうちはカバーを用意するつもり。

他にもこんな意見が

ピンクのランドセル ダメージ

素材が柔らかすぎてスグにふにゃっとなり、よれてしまいました。色が薄いピンクで少し派手なので5年生になった今ではもう少し落ち着いた色にしておけばよかったと後悔しています。

2011年購入 女の子

黒のランドセル ダメージ

男の子なので乱暴に扱うであろうと予想し、傷のつきにくい丈夫な革素材を選びましたが、4年生の頃ぐらいから正面のかぶせの部分の革がポコポコとなってしまっています。多分、息子が雨が降っていても傘を差さないことが原因だと思っています。

2012年 男の子 牛革

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

ダメージの程度にもよりますが、美観に関することであれば、ランドセルが使える状態なので、6年間保証の対象外になることがほとんど。修理は有料になるでしょう。
ランドセルを選ぶときは、サイド(大マチ)の部分の芯材が縦横方向に入っているか確認してくださいね。

7.ランドセルの「色・デザイン」で失敗

ランドセルの色やデザインで失敗したという意見は少なめ。楽しくランドセル選びをできた方が多かったようです。
これから購入する方に気になる意見をご紹介しますね。

先輩ママ
先輩ママ
飾りが繊細で、取れないか気を遣います。

子どもの欲しい色ではなく親の意見を押し付けると、後々ずっと文句を言われて。後悔しているママ友がいるわ!
ママ
ママ
パパ
パパ
デザインが周りの子とかぶってしまい、特別感のないランドセルになっちゃう…のもあるあるだね!

★ランドセルのプロからアドバイス
ランドセルは、お子さまが納得して選んだものなら高学年まで問題なく使えているんですね。学年が上がるとランドセルは荷物を入れる鞄という位置づけで、こだわることもなくなっていくようです。

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ
候補が決まったら、小学生の登下校時間にチェックしてみましょう!シンプルなランドセルでも、鋲(かぶせの金具)や大マチの芯材の形などで特徴があるので、ある程度どこのランドセルかわかりますよ。

8.ランドセルの「フィット感」で失敗

フィットしないランドセル

意外にも少なかったのが、フィット感で失敗したという声。「重さ」で体が痛むことはあっても、フィットしていないから痛いと感じることは少ないのかもしれません。
最近はベルトの形状や背当てのクッション性能などが工夫され、背負い心地は以前に比べて格段にアップしているといえそうです。

「フィット感」で失敗しないためのポイント

ランドセル選びで難しいことのひとつが「フィット感」の見極めでしょう。
どのランドセルがフィットするかは、お子さまの一人ひとりの体型によって変わりますし、体の成長とともに変化する点でもあるからです。
いずれにせよ、体に合わないランドセルはお子さまにとって毎日の負担になりますので、実際に背負って確かめてみるのがよいでしょう。

フィット感を左右するパーツのひとつが肩ベルトですが、背カンと呼ばれる肩ベルトのつけ根部分の形状により大きく2つに分かれます。

立ち上がり背カン:土屋鞄・羽倉萬勇鞄黒川鞄工房モギカバンフィットちゃんセイバン
立ち上がりではない背カン:鞄工房山本中村鞄製作所池田屋フジタ

ランドセルのプロ
ランドセルのプロ

立ち上がり背カンと立ち上がりでない背カン、どちらがよいということはありません。お子さまの体にフィットするかどうかが重要です!
試着は店頭でできるほか、レンタルサービスを行っているメーカーもありますよ。

9.まとめ

ランドセル選びに大成功

いかがでしたか?既にランドセルを購入された先輩ママ・パパ達の声を集めてご紹介しました!ランドセルは6年間利用するものですから、後悔や失敗は絶対にしたくないですよね。
工房やメーカーが違えば、ランドセルの機能や大きさは少しずつ違うので、事前に確認してランドセル選びをスタートさせることが重要です。ランドセルはあくまでも子供の通学のために必要な学用品であることを忘れず、価格と質のバランスをしっかりと見極めましょう。
さまざまな視点で比較して、6年間のパートナーになるお気に入りのランドセルを見つけてくださいね。

▼今年の人気は?こちらでチェック!▼

▼各メーカーを徹底調査!▼