【モギカバン店(MOGI)】のランドセルを徹底調査!2022

【モギカバン店】2022年最新情報
・2020.12.1 2022年度カタログ請求受付開始
・2021.2.13 2022年度ラインナップ公開
・2021.2.17 サンプル貸出サービス開始 詳しくはこちら>>
・2021.3.4  オンライン・直営店販売予約受付開始
・2021.4.10 展示会開始 詳しくはこちら>>

1.どんな工房?2022年モデルの傾向は?

○モギのランドセルがオススメなのはこんな方
・こだわり素材をお値打ち価格で
・貸し出しサービスで選びたい
・キューブ型のコードバン希望

×モギのランドセルをオススメしないのはこんな方
・じっくり選ぶ時間がない
・アレコレ調べて選ぶのが面倒

北関東に高いシェアを持つ老舗ブランド

shokunin_image

昭和4年(1929)に群馬県桐生市で創業したモギカバン店は、昨年(2019)90周年を迎えた老舗。桐生本店のほか、栃木県足利市と群馬県太田市に直営店を持ち、北関東エリアに強い地盤を持つメーカーです。
背板と本体を接合するヘリ部分を手縫いで仕上げるなど、品質を追求した妥協のないものづくりを行っています。

デザインが幅広く、好みのランドセルを選べる

MOGIカバン デザイン

最高級素材を使って職人技の粋を極めたモデルから、刺繍や鋲でオシャレに仕上げた人工皮革モデルまで、全182もの型・色を幅広く取り揃えているモギ素材やデザインのバリエーションが豊富で、どんなランドセルを求める方でもお気に入りの1点を見つけられそうな品揃えです。
その半面、各モデルの特長がつかみにくく、どれが自分に合ったランドセルなのか判断が難しいことも。じっくり向き合ってランドセル選びをしたい方にオススメのメーカーです。

サンプル貸出サービスあり

ランドセルサンプル貸出サービス

モギのランドセルを実際に見られるのは、北関東にある直営店3店舗のほか、東京・神奈川・埼玉で開催される展示会のみ。 そのため、遠方に住む方も実際にランドセルを手に取れるように「サンプル貸出サービス」を行っています。 返送料のみかかりますが、家にいながら実物を確かめることができるのはうれしい限り。人気のサービスなので、申込はお早めに(2月17日受付開始)!詳しくはこちらから。

●サンプル貸出サービス
2021年2月17日 10:00~受付開始
申込み方法:電話で申込み。Tel 0277-22-3824
受付日時:月・火・木・金 10:00~18:30
注:返送送料のみ負担が必要。遠方の方へのサービスのため、直営店より15㎞以内の貸出し除外地域あり。
詳しくはこちら>>

2.上質素材を適正価格で!

価格帯 ★★★☆☆(標準的)
いちばん安いモデルは?   53,900円(税込)/たくみプレミアム、ユニバーサル プレミアム (人工皮革)
天然皮革モデルの最安値は? 63,800円(税込)/たくみスタンダードスムース、ユニバーサルスタンダード(牛革)
いちばん高いモデルは? 195,800円(税込)/コードバンマエストロ

極上素材を使ったモデルがお買い得

アメ豚一枚通し総内張り

モギのランドセルで人気が高いシリーズといえば、やはり「コードバン」。5種類のモデルはすべて10万円前後と決して安くはないのですが、厳選したコードバンを使い、内張りにも豚革を使用していることを考えると、お買い得ともいえる価格です。
また、牛革にも並々ならぬこだわりを持っているモギ。スムース、ボルサ、クラシコと名付けた3種類を使い分け、それぞれの個性を活かしたモデルを展開していますが、その価格帯は6万3千円~8万2千円と、とっても良心的!良い素材のランドセルをお値打ち価格で手に入れたい方にはオススメです。

3.全182の型と色。バリエーション豊富!

王道ランドセルから今ドキのキラキラ満載ランドセルまで幅広い

バリエーション

昔ながらのクラシカルな雰囲気を漂わせるランドセルから、刺繍やスパンコール、ハートや星形のチャームをあしらった可愛らしいランドセル(「プリズミックス」シリーズ)まで、あらゆるデザインを取り揃えているモギ。お気に入りのデザインが見つけられるメーカーと言えそうです。

いろんなタイプのランドセルから選べるのね!!
ママ
ママ

ただ、バリエーションが豊富すぎるあまり、違いを見極めるのが難しいという面も。カタログやWEBだけで各モデルの特長を把握しづらいため、じっくり時間をかけて選ぶ余裕がないという方にはオススメしにくいメーカーです。

ヘリのある従来型とヘリのないキューブ型、両方あり

ヘリ比較

ヘリというのは、本体と背あてを縫い合わせた部分のことを指します。最近のランドセルには、ヘリがある昔ながらのタイプと、ヘリを無くしてすっきりシルエットに仕上げたタイプの2種類があり、それぞれの作業工程が大きく異なることから、とくに工房系のメーカーでは、どちらか1種類だけを扱うことが多くなります。
そんななかでモギは、この両方のタイプを取り扱っている数少ないメーカーです。珍しいのは、牛革や人工皮革だけでなく、コードバンでも「キューブスタイル」のランドセルをつくっているところ。どの素材をチョイスしても、好みのシルエットが選択可能なのは嬉しいですね。

2022年モデルの新色は?

モギカバン 2022年新色

2022年モデルのランドセルには新色もたくさん追加されています。特に女の子に人気のラベンダーやサックス、ピンクなどの色が増えた印象です。素材や形はもちろん、色にもこだわってお気に入りのランドセルを探せるのは嬉しいですね。

2022年新色追加モデル
■コードバン:プレステージ
■たくみ:スタンダードスムース、スタンダードクラシコ、プレミアム
■ユニバーサル:アンティコ
■プリズミックス:スター、プリンセス、ロココハート
詳しくはこちらから>>

オススメデザイン1・「たくみ プレステージ スムース

たくみ プレステージ スムース画像

モギの牛革ランドセルの最高峰に位置付けられている「たくみ プレステージ スムース」。贅沢な素材を使って職人の熟練技でつくられた、風格たっぷりのランドセルです。美しい光沢を持つスムースレザーは、使い込むほどに艶を増していきそうな風合い。内装は豚革で、かぶせと本体の間に継ぎ目がない一枚革仕上げの「アメ豚一枚通し総内張り」となっています。全13色。82,500円(税込)。

モギカバン オリジナルランドセル 名入れサービス
内装がアメ豚の場合のみ、名前を焼き入れてもらえるの。
プレミアム感があってステキね!
ママ
ママ

オススメデザイン2・「ユニバーサル スタンダード

モギカバン ユニバーサルスタンダード 2022

すっきりしたキューブスタイル、体型に合わせてスライドする金具「ミラクルロック」搭載、かぶせ部分のヘリ巻きやファスナーの色アクセントにしたデザインなど、最近のランドセルの主流である機能・デザインを網羅している「ユニバーサル スタンダード」。シンプルで上質、かつ、さりげなくオシャレなモデルをお探しの方にぴったりです。全19色。63,800円(コンビカラーは64,900円・税込)。

2022年新モデルの「 コードバン マエストロ

モギカバン コードバン マエストロ画像

モギの2022年新モデルである「コードバン マエストロ 」は、かぶせだけでなく側面にもコードバンを使用しているオールコードバンのランドセル。背あてや肩ベルトの内側だけでなく、持ち手にも牛革を使用。さらに内装は「 アメ豚一枚通し総内張り 」と、モギのこだわりが詰まった究極のランドセルです。各色10本づつの限定生産なので気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。全8色。195,800円(税込)。

4.モギのランドセルの機能性は?

いちばん軽いモデルは? 約1,200g/クラリーノ使用モデルすべて(人工皮革)
天然皮革モデルの最軽量は? 約1,330g/たくみスタンダードスムース(牛革)
いちばん重いモデルは? 約1,680g/コードバンマエストロ(コードバン)
A4フラットファイル 対応
マチ幅(内寸) 12.5~13㎝(モデルによる)
オートロック 採用
背カンの形状 ウイング背カン
持ち手 あり(取り外し不可)
反射素材 側面(反射材、反射鋲)

重さも機能も問題なし!

持ち手

A4フラットファイル対応、オートロック搭載、持ち手採用など、近年の主流である機能をもれなく備えているモギのランドセル。安心して子どもに使わせることができるランドセルです。
重さは標準的(素材によっては重め)ですが、背中にフィットしてラクに背負える「ウイング背カン」を採用することで、身体にかかる負担を軽減し、より軽く背負える工夫がしてあるのがイイですね。

5.モギのランドセルに6年間保証はある?

6年間保証 あり(通常の使用において故障が生じた場合は無料・誤った使用による場合、修理箇所によっては有償)
ランドセル工業会

安心の6年間保証

通常の使用において故障した場合は、入学より6年間無料で修理してくれるモギ。6年間の使用に耐えうる品質に自信を持っているからこその保証です。 修理期間中は代替ランドセルも貸してもらえるので安心です!
しかし、高温になるところに置いたり、上に乗ったり座ったり、固く鋭利なもので引っ掻いたり刺したりした場合などは、修理箇所によって有償修理となるとのこと。お子さまが大切に使ってくれると助かりますね。

6.完売時期は?いつ買うのがベスト?

コードバンが世界的に入手困難となってきている今、それでもコードバンランドセルを作り続けることにこだわるモギ。年々人気が高まっていることもあり、コードバンシリーズはモデル数も増えています。

限定数販売のモデルも。

マエストロ が新しく登場し、モデル数が5種類となったコードバンシリーズ。2022年モデルは「コードバンマエストロ」と「コードバンプレステージLE」が各色10~30本の限定販売となっています。去年もコードバンシリーズは数量限定販売で、4月14日には完売するカラーが出始めました。

早めのアクションが必須!

モギのランドセルは他のモデルも人気が高く、コードバンシリーズと同時期に完売のものが出ていたので、気になる型・色がある方は、早めのチェックと決断がおすすめです。>>詳しくはこちら

7.どこで買える?ショールーム&展示会情報

ランドセル展示会
所在地(本社) 群馬県桐生市本町5-369
電話番号 0277-22-3824
ショールーム

■桐生本店
群馬県桐生市本町5-369
■足利店
栃木県足利市朝倉町245-5
■太田店
群馬県太田市新田市野井町556-1ジョイフルホンダ ニコモール

展示会で早めのアプローチを!

モギでは、2022年モデルの展示会を東京・神奈川・埼玉で計6回開催予定です。実際にランドセルを背負ったり、背負った姿の写真やビデオを撮影することができます。毎年販売終了時期が早まっているようですが、 当日は会場での販売予約も受け付けているようなので気になるランドセルがある方は早めの注文がおすすめです。

■モギの展示会情報 2022
横浜:4月10日(土)~11日(日)
大宮:4月17日(土)~18日(日)
調布:5月8日(土)~9日(日)
港区:5月15日(土)~16日(日)
町田:5月29日(土)~30日(日)
浦和:6月5日(土)~6日(日)

8.【モギカバン店】まとめ

モギの最新情報やランドセルの特長などをチェックしてみましたが、いかがでしたでしょうか?
創業以来90年、丁寧なものづくりを続け、北関東では根強い人気を誇るモギ。種類豊富にさまざまな選択肢が用意されていますので、ぜひ候補に入れて検討してみてくださいね!

○モギのランドセルがオススメなのはこんな方
・こだわり素材のランドセルをお値打ち価格で手に入れたい
・貸し出しサービスで選びたい
・キューブ型のコードバン希望

×モギのランドセルをオススメしないのはこんな方
・じっくり選ぶ時間がない
・アレコレ調べて選ぶのがめんどくさい
・お店でじっくり比較したいけれど、関東圏在住ではない