ランドセルの自動ロックは必要?手動との違いは?

自動ロック(オートロック)は、最近のランドセルに搭載されていることの多い機能の一つです。便利な機能として採用するメーカーがある一方で、あえて採用せず手動ロックにしているメーカーも。自動ロックの仕組みやメリット、採用しているメーカーなどをご紹介します。

1.ランドセルの自動ロックってどんなもの?

ランドセル ロック 拡大図
最近主流になりつつある自動ロック 引用元:羽倉HPより

ランドセル購入を検討しているみなさんのなかには、初めて聞いた方や「自動ロックって何がちがうの?」と思った方もいるかもしれませんね。

ランドセルの自動ロックの仕組み

ランドセルには、閉じたかぶせを固定するための錠前(ロック)がついています。

手動ロックのランドセルでは、錠前差し込みの穴に金具をはめたら、手でひねって動かないようにします。直方体の金具を90度回すことで穴から外れないようにする仕組みです。

一方、自動ロックの機能を搭載しているランドセルでは、この錠前の金具を手で回す必要がありません。錠前差し込みの穴に金具が入ったら自動的に回り、かぶせが固定できるという仕組みになっています。オートロックという名称で呼ばれているものも、同じ機能を指しています。ただし、錠前を開くときは手で金具を回す必要があります。

自動ロックが広がり始めたのは?

この自動ロックの錠前がランドセルに使われるようになったのは、2010年頃から。ランドセルの歴史のなかでもわりと新しい機能といえます。

導入が始まった当初は使用するにつれて壊れることも珍しくなく、メーカーによっては採用を見送るケースもあったようです。しかし開発が進んだ現在では、耐久性も向上しています。

2.自動ロックのランドセルを使用するメリットは?

ランドセル 中をのぞく男の子
画像引用元:セイバンHPより

自動ロックのランドセルを選ぶと、使用する上でどんなメリットがあるのでしょうか?

低学年でも簡単に扱える

自動ロックの錠前なら、入学したばかりの子どもでも簡単に扱えます。錠前の金具部分に差し込みの穴をはめ込むだけなので、登校や下校前のあわただしい時間にも手間取ることがありません。

金具を手で回すか回さないかというわずかな操作の違いですが、小さな手での慣れない扱いを楽にしてくれます。

うっかり閉め忘れることがない

手動ロックの場合、錠前を閉め忘れた状態でランドセルを背負ったまま上体をかがめると、中の教科書やノートが地面に散乱するという悲しい事態に。上靴と運動靴を履き替えたり、先生に深くお辞儀をしたり…、子どもがランドセルを背負ったまま姿勢をかえるのはよくあることです。

自動ロックのランドセルなら、そんな閉め忘れによるうっかりトラブルを防げますね。

かっこよさがある

目の前でクルッと自動で回る金具。好奇心いっぱいの子どもの目には、かっこよく魅力的に映るようです。特に機械的なものに興味のある子は、こういった機能に心惹かれることもあるようです。

自分の興味がある機能を搭載したお気に入りのランドセルなら、6年間より大事に使ってくれるのではないでしょうか。

3.自動ロックを採用しているランドセルメーカーは?

ランドセル オートロック錠前 拡大図
画像引用元:羽倉HPより

自動ロックと手動ロックのどちらを採用しているかは、各ランドセルメーカーによって異なります。

代表的なメーカーがどちらの錠前を採用しているか、またそれぞれの名称を表にしました。特徴とあわせて参考にしてください。

  自動ロックはある?

ロックの名称

備考
池田屋 × 池田屋ロック 3段階に調整可能なタテ穴ひとつ式
左右どちらにも回転する金具
黒川鞄


(手動モデルもあり)

自動:オートリターンロック
手動:マグネットロック
モデルによって手動か自動か異なる
土屋鞄 × 手動  
萬勇鞄 ワンタッチ自動ロック錠  
鞄工房山本 ワンタッチ・オートロック錠前 錠前のデザインはシリーズによって異なる
中村鞄 × 手動式マグネット錠 軟質ゴムカバーを使用
羽倉 オートロック 金具の先端部分を樹脂でカバー
MOGI ワンタッチ錠前  
フジタ 自動ロック  
セイバン ワンタッチオートロック 解錠時は左右どちらにも回せる

上記10社のうち自動ロックが採用されているのは7社です。自動、手動に限らず、メーカーによって素材や回転方向などにも様々な工夫が凝らされています。

4.あえて手動ロックのままのメーカーも。自動ロックのデメリットは?

ランドセル 手動ロック 拡大図
引用元:中村鞄製作所HPより

現時点で自動ロックを採用していないランドセルメーカーも見られます。あえて手動ロックとしているのは、自動ロックに以下のようなデメリットがあるという理由からのようです。

壊れる可能性が手動ロックより高い

耐久性の面では自動ロックは手動ロックに劣るという考えから、あえて手動を採用しているメーカーがあります。

自動ロックも登場した頃に比べると耐久性が高まっているとはいえ、シンプルな手動ロックの方が衝撃などにも強く、より長持ちしやすいというメーカーの判断によるものです。

穴からズレた状態だとロックできない

自動ロックのランドセルであっても、そもそも差し込みの穴が錠前の金具からズレた状態だとロックはかかりません。そうなると、やはり子どもが身をかがめた折にはランドセルの中身が散らかってしまう事態に…。

自動ロックであるがゆえに油断してしまう、ということもあるでしょう。逆に手動ロックだからこそ、きちんと閉める習慣がつくと言えるかもしれませんね。

ランドセル価格に影響する

一つ一つのパーツの価格はランドセル自体の価格に影響します。構造的に複雑な自動ロックは、手動ロックより高くなるということがあるようです。

パーツの価格が上がれば、当然ランドセル価格にも上乗せされるでしょう。

5.自動ロックと手動ロックではどっちがいいの?

錠前は小さなパーツですが、いざ小学校が始まると毎日使用することになります。自動ロックと手動ロックでは、どちらがよいのでしょうか。

ランドセル ロック 拡大図
引用元:フジタHPより

トラブルを防げるという意味では、子どもとの相性にもよりどちらが優れているとは言えません。ただ、子どもの性格によっては自動ロックの方がかっこよくて魅力的、ととらえる場合もあります。

そういった子どもの気持ちがランドセルを大切に扱うことにつながるのなら、自動ロックを選ぶ価値もあるのではないでしょうか。

自動ロックのデメリットで一番心配なのは、壊れる可能性がやや高くなることだと思います。ですが、既に市場に登場して10年を超えるほど開発年数を重ねているため、以前のものより壊れにくくなっています。

それに万が一壊れたとしても、最近販売されているランドセルには6年間保証がついていることがほとんどです。

壊れたときのことをむやみに心配するより、保証内容や修理対応ができるかをしっかり確認しておくことが大切です。

6.簡単便利な自動ロック。ランドセル検討の一材料に

ランドセル ロック 拡大図
引用元:鞄工房山本HPより

自動ロックやオートロックを採用しているランドセルでは、差し込み穴を金具に合わせるだけで自動的にロックがかかるという仕組みになっています。

自動ロックは入学まもない子どもでも扱いが簡単で、うっかり閉め忘れがないことがメリットです。

反面シンプルな手動ロックよりやや壊れやすいというデメリットもありますが、開発が始まってから10年以上が経つ現在、壊れる確率は低くなり、採用メーカーも多くなっています。メーカーの修理対応がしっかりしているなら、それほど心配することはありません。

子どもの性格、好みなども考え合わせたうえで、検討の一材料とするとよいのではないでしょうか。