半かぶせランドセルのメリット&デメリットを解説!後悔しない選び方

ランドセルを選ぶとき、ちょっと気になる「半かぶせ」タイプ。
個性的でおしゃれなデザインに惹かれる方も多いのではないでしょうか。
でも、一般的な全かぶせタイプとどう違うのか分からず、判断しにくいという声も…。
半かぶせランドセルを候補に入れるか迷われている方に、メリットとデメリットをご説明します。

1. 半かぶせランドセルってどんなランドセル?

ランドセルを背負う子ども

「半かぶせランドセル」は、全かぶせのように前面すべてを覆うのではなく、2/3程度を覆うタイプのランドセルです。
前面に金具がついているのでデザインの自由度が高く、シックでシンプルなもの、アンティーク風でレトロ感漂うもの、キュートでラブリーなものと、さまざまなメーカーが半かぶせタイプを販売しています。
ただ、多様性が認められる時代とはいえ、「他の子と違うデザインで、学校生活に支障がないかな」「実際に使い勝手はどうなんだろう…」と親御さんのほうが購入に乗り気でないケースもあるようです。

では早速、メリット・デメリットを見てみましょう。

2. 気になる半かぶせランドセルのメリット・デメリット

荷物の出し入れ

半かぶせランドセルのメリット

①荷物が出し入れしやすい

全かぶせランドセルの場合、教科書などを出し入れする際には、一旦ランドセルをヨコにして底部のロックを開かなければなりません。
一方「半かぶせランドセル」なら、金具が前面についているので、タテにしたまま出し入れOK! また背負ったまま開閉できるので、「家を出る直前に忘れ物!」というアクシデントがあっても、親御さんがすぐに入れてあげられるので忙しい朝も大助かりです。

②ランドセルを探しやすい

クラスメイトと同じタイプ・同じ色で重なることが少ない「半かぶせランドセル」。自分のランドセルが見分けやすく、すぐに探せることも利点です。

③個性的でおしゃれ

半かぶせランドセルは、とにかくおしゃれ感いっぱい。周りからも「かわいい!」と目を惹かれることが多いようです。他のお友達と違ったタイプがほしいという個性派のお子様にとっては、小学校生活に欠かせないアイテムの一つになりそうですね。

④機能性がアップし、再ブームも?

半かぶせは一度、10年以上前に流行しました。その後需要が減ったものの、ここ数年で少しずつ人気が復活しているようです。理由として、収納面など機能性がアップして使いやすくなったこと、専用のカバーなど半かぶせ対応グッズがネットで手に入るようになったことが挙げられます。

ポイント

半かぶせランドセルのデメリット

①防犯上の注意が必要

背負ったままでも開けられるメリットがある一方、後ろから誰かにランドセルを開けられてしまう可能性もあります。
お子さん自身がしっかり注意し、自分のことは自分で守れるように、「歩くときはおしゃべりに夢中になりすぎない」「大通りや人目につく場所を利用する」「お友達と一緒に登下校する」など、防犯について話し合っておくことが大切です。

②ヨコ型はロッカーに入らない場合も

半かぶせランドセルにはヨコ型とタテ型があり、ヨコ型だとロッカーに入らなかったり、入りにくかったする可能性があります。ヨコ型タイプが気になっているのなら、通う予定の学校に確認するのも良いかもしれませんね。
タテ型であれば大抵の場合、問題ないようです。

③交通安全用カバーが付けにくい

小学校1年生の時に交通安全用カバーをランドセルに付けることが必須の学校もあるようです。
ほとんどが全かぶせタイプ用なので、カットしたり、折り曲げるなどの対応が必要となります。あらかじめ学校側に確認することをおすすめします。
昨今は、半かぶせ仕様のプロテクションカバーが販売されているので、その透明カバーの内側に交通安全カバーを挟み込むという手もあります。

3. 半かぶせランドセルを扱う人気のメーカーはここ!

1 池田屋「No.12 イタリア製防水牛革プレミアム 半カブセ」

半かぶせには珍しく牛革を使用しており、素材にこだわる親子に人気があります。
「牛革は丈夫で型崩れはなさそうだけれど、重いかも」という心配も、池田屋のランドセルなら大丈夫。池田屋は軽量化はもちろん、軽く感じる背負い心地にもこだわっており、こちらの牛革半かぶせタイプは1,300g前後。
A4フラットファイルサイズで収納力が大きく、使い勝手もよいと口コミ評価も上々です。カラーは、クロ・チョコ・チョコ・グリーン・アカ・アンティークワイン、キャメルの6種類。6年間の完全無料修理も保証として付いているので安心です。

2 カザマ「カジュアル」「カジュアル ワイド

大人でも使えそうな、クラシカルな欧米風デザインがおしゃれな半かぶせランドセル。
珍しい「横型半かぶせタイプ」もあり、他ではお目にかかれない個性的なフォルムは、「オンリーワンのランドセルがほしい!」というお子様におすすめです。
カザマの半かぶせモデルは、直営ショールームとネット通販でしか手に入らない特別モデルでありながら、価格は46,000円~49,000円(税込)と抑えめ。シンプルで上品なランドセルが4万円台で購入できますよ。
創業71年、熟練職人による手作りランドセルですので、肩ベルトなどお子様に負担がかからない配慮も万全です。

3 ララちゃん「Ribbon」

ララちゃんの半かぶせランドセルは、なんといっても飾りリボンが特長。女の子の心をときめかせる、愛らしいワンポイントリボンが魅力のモデルです。
カラーは、大人っぽいシックなラインナップで、ボルドーなど暖色系から、エメラルドなどの寒色系まで全5種類。いずれもリボンカラーがアクセントになっています。
また2020年モデルより、日本初の「光触媒コーティング」で抗ウイルス・抗菌効果が約99%以上に! かわいらしさを損なうことなく、6年間ずっと清潔にお使いいただけます。
成長に合わせて交換できるベルトは口コミも高評価なので、合わせてチェックしてみてくださいね。

4 キッズアミ「マイマイキューブ」

キッズアミの半かぶせランドセルは「プリンセス × ガーリー」がテーマ。
ポケットやベルトやナスカンなど、いたるところにハートのかわいい刺繍が施されていて、ランドセルを背負うとまるでプリンセスのよう。フィット感や機能性も充実していて「かわいい」と「技術力」がコラボしたランドセルです。
かぶせをショート丈にすることで、軽量化を実現
縦型・横型 のモデルがあり、色は 「ミラノレッド×ピーチブロッサム」「ブラウン×メタリックラベンダー」「ネイビー×スミレ〈デニム調〉」の3種類あります。
グッドデザイン賞を受賞した「カジュアル」の新モデルです。

5 こどもと暮らし

こどもと暮らし 半かぶせランドセル

こどもと暮らしの半かぶせランドセルのラインナップは全部で8種類。
カラーにあわせてデザインされた「つばめ」「きのみ」「ミモザ」のかわいい刺繍がアクセントになっていて、お守りのように寄り添ってくれます。
かぶせを開けるとかぶせの裏側に「グラフチェック」「さんかく」「ドット」がデザインされていてランドセルを開ける度に楽しくなりますね。
柔軟性と実用性、そして苛酷な使用に耐える丈夫さで世界中で受け入れられている「クラリーノエフ」を採用しているので「軽い」「丈夫」「水に強い」「お手入れも簡単」です。

4. 半かぶせのメリットはそのまま。定番デザインがお好みなら「前ロックタイプ」もおすすめ

従来、全かぶせのランドセルは底面に留め具がついているものがほとんどで、それ以外のタイプがほしいなら、「半かぶせランドセル」一択でした。
しかし近頃は、ランドセル前面の下部分に留め具が付いた「前ロックタイプ(フロントロック)」も定着しつつあります

軽さ・機能性・安全面に注目

フロントロックタイプは、半かぶせ同様、「開け閉めがスムーズ」「ランドセルを立てたまま出し入れできる」「後ろから、親が忘れ物を入れやすい」というメリットがあります。それに加え

・革を使用しているのにとても軽い
・開閉時に勢い余って、お子様ご自身やお友達が露出した金具にあたり、ケガをしてしまうことがない
・半かぶせより収納力もあり、間口が広いので水筒や上着もしっかり入る

というメリットが挙げられます。

カッコいいデザインで男の子にも人気!

前ロックタイプは、半かぶせほど個性的ではないので、オーソドックスなデザインが好きなお子さんに選ばれているようです。
またシンプルでかっこいいデザインの前ロックタイプあり、半かぶせを考えているけれど「おしゃれなランドセルは少し恥ずかしいかも…」という男の子にもおすすめです。

5. フロントロックのランドセルを扱う人気のメーカーは?

1 ataraのランドセル

アタラのランドセル

「アタラ」のランドセルは、全製品が前面に金具がついたフロントロックです。
小学生へのモニターテストで子どもたちの使い方を研究し、改良を重ねてきただけあって、使いやすさにおいては文句なしのランドセルといえるでしょう。
また、素材は革の本場・イタリアでオーダーメイドした特別な革を使用。「革なのに軽い」を追求し、なんと最軽量クラスの1,250gという軽さにたどり着きました。
カラーは、どれも自然の情景をイメージした美しい色合いで、思わず目を引くしなやかなフォルムが魅力です。
「子どもにとって本当に機能だけがほしい」という方におすすめです。

2 ララちゃん「VONDS」 「VONDS SPORTS」

入学は自立への第一歩。まずは「身の回りのことは自分で」と願う親御さんさんも多いのでは?
そんな思いをカタチにしたのが、ララちゃんのフロントロックランドセル「VONDS」です。
「VONDS」独自の前ロックなら、軽く押し付けるだけで開け閉めOK!「カチッ」と小気味のいい音と、ふわりとした感触が手に伝わってきます。
ランドセルを立てたまま教科書などを入れ替えることができ、中身も一覧しやすいので忘れ物を防ぐ効果も。
取り外し可能の「筆箱専用ポケット」「取り換えポケット」がついているので、まだまだ整理整頓が苦手なお子さんにもぴったりです。
最新の光触媒コーティング付きでウイルスやカビなどの菌はもちろん、ニオイや手垢汚れ、ホコリも防ぎます。

6. 好みのランドセルを選んで楽しい小学校生活を!

走る子ども

いかがでしたか? 気になる半かぶせランドセルのメリットやデメリットや、前ロックランドセルについて紹介しました。
小学校生活6年間を共に過ごすランドセル、お子さんの好きなタイプやカラーを聞いてあげて、どれにするのか親子でワイワイ話し合いながら決定するのも楽しい時間になるはず。
お子さんがお気に入りのランドセルを背負って入学することを楽しみに、素敵なランドセルとの出会いがありますよう祈っています。